国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

土曜日, 5月 15, 2004

宇多田ヒカル 「誰かの願いが叶うころ」

今日は今週のオリコントップ1のこのシングル曲。

シングル
宇多田ヒカル 「誰かの願いが叶うころ」
楽曲 5.1 セールス 9.0 総合評価 7.1

映画キャシャーンのテーマソングだそうですね。黄色のタイポグラフィーが
ちょっとダサくない?

歌詞に込められたものは何か?まあちょっと見ていきましょう。

>あなたの幸せ願うほどわがままが増えてくよ
>それでもあなたを引き止めたい、いつだってそう
「自分のことしか考えていない、みたいだけどそうでもないですよ。」
みたいな感じすか?

>たった一人になりたくて少し我慢しすぎたな
>自分の幸せ願うことわがままではないでしょう
「ナンバーワンもオンリーワンもどうでもいいわん。」
みたいな感じすか?

彼女の歌詞には雑然としたラインがあるのですが、
結局「人生平凡でまとまればいいなあ」みたいなメッセージが
受けているというのは、聴き手側みんなにないですか?

試聴サイト:
Hikki's WEB SITE

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム