国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

火曜日, 9月 06, 2005

日本のスターとドイツのアーティスト

  • グローバル・プレーヤーズ 日本とドイツの現代アーティスト
    >>レッツエンジョイ東京
    横浜市が推進する歴史的建造物を活用した文化芸術創造の実験プログラム横浜BankARTで、「日本とドイツの現代アーティスト」という企画展が行われます。一見国内盤レビューが取り上げなさそうな内容ですが、こんなドキュメンタリー映画を映写するんだそうです。
    "Tokyo Star" 歌手中島美嘉がスターになるまで
    ニナフィッシャー&マロアン・エル・サニというドイツの作家によるドローイングの展示のほかに、彼らの作った中島美嘉他6人の若者がスターになるまでのドキュメンタリー映画を上映。

    こういうアート系の企画に日本のポップスが題材として扱われたりすることって日本国内でもあまりないことです。

  • 0 件のコメント:

    コメントを投稿

    登録 コメントの投稿 [Atom]

    この投稿へのリンク:

    リンクを作成

    << ホーム