国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

日曜日, 5月 23, 2004

才能の大小は問わず

国内盤にスポットを当ててBlogで紹介することが、自分の好きな
特定のジャンルの洋楽の情報だけ取り上げることに比べていかに大変なことか。

しかも何を伝えたらいいのか考えながら書こうとして一生懸命な自分。
誰かにこの姿見てもらえたら U-R-E-S-H-I-I.

何を伝えたらいいのか、といえば邦楽アーティスト達もきっと同じ。
レビューを書くことによって、少しだけでも彼らに近づいていけるのかな♪



軽くストーカーちっくに書き出しました今日のエントリー。

少し前になりますが、先週JASRACが作品使用料の多かった作品に各種賞を
贈りました。
2004年JASRAC賞 「世界に一つだけの花」が金賞を受賞

世界に一つだけの花(ジャーニーズ出版・槇原 敬之/作詞作曲)が国内ナンバー1。

この曲はSMAPが歌いましたね。


以上で今日のレビューは終わります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム