国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

日曜日, 9月 05, 2004

杉良太郎「君は人のために死ねるか」

なかなか更新ができなかったここ数日。自分が忙しかったり、いざ書くぞって時にBlogspotにログインできなかったり。下書きなんかもサーバーにあるので、ログインできないと話しにならないヒヒーン(馬になってしまいました)。

久しぶりの更新は杉良太郎の「君は人のために死ねるか」CD&DVD化にしようか(これはマツケンサンバの追随か?)と思ったのですが、それあんまりなのでどうしようかと迷いました。(でも杉良太郎オフィシャルHPプロフィールによると、全国の刑務所を視察し、刑務官の激励や意見交換を行うなど社会活動にも熱心なタレントであるというあまり知られない顔も出てきておもしろかった)。

初回仕様:『振ると絵が変わるジャケット』& スーパー・ピクチャーCDだそうです。もうCDとDVDが一緒、と言われてもそれほどときめかなくなってきたかな。いや、でもDVD一緒だと結構うれしいけど。(ただのドキュメンタリーみたいな内容だったらエンハンストCDでもよいかなと思いますが)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム