国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

月曜日, 6月 07, 2004

古きよき日本のロックスター2 ~英語を話す日本人ロッカーもいるよ

TMG 「TMG I」
音楽5.0 セールス8.0 総合評価7.5
cover
今日紹介するのはB'zの松本孝弘のソロプロジェクトTMG。こちらのサイトで試聴できますが、最初何気なくこの曲を聴いた時、それは起きました。

僕はもういい大人なのに。ふと、「邦楽を聴く高校生」になってしまったような気分がしたんです。

うっかり気を抜いてそのまま高校生になって、明日の部活のこととかを考えそうになる自分。

大概ロックを聴くと、ミュージシャンそのものに感情移入してエアギターを弾くとか想像の世界でブリーチした長髪を振り乱すとか、そういう変化があるとばかり今まで思っていましたが、今日突然和製英語のオンパレードの中で魔が差したかかのように
リスナーをどん底に突き落とす貧相な音楽世界と共鳴できたのです。

すげえな!さすがB'zの中の人。

しかし本当にすごいのは、このバンドのコラボレーションメンバーが80~90年代のロックシーンで活躍した人材を集めていること。ちなみにVocalは元Mr Bigだとか!!俺、英語圏の人が歌ってる曲を、邦楽だと思い込んじゃったよ!!これは、あまりにもマニアックだ。

ダメ押しはこれ!

これ、公式サイトにあった本人からのメッセージ。なんと英語だよ

ちなみに初回限定盤には彼らのドキュメント映像もついているということ。見てみたいな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム