国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

火曜日, 6月 01, 2004

国内盤 こんな帯にはもうときめかない

キャラメルママさんのところの「こんな音響系(あるいはAVANT系)CDの販促用手書き帯文&ポップにはもうときめかない」にあやかって国内盤レビューでも「こんな国内盤の帯はときめかない!!」をやってみようと思いました。


・ピンクノイズ問答無用。
(しかも長い)

極上のビートに萌え死ね!
(疾走感が特徴的)

・既発表曲にラップを載せただけ!!!
(それはサンプリングって言うんだ)

・ヘロインを常用するギタリストが身内にすがりつきながらなんとか制作。
(常にオーバーチョーク)

・戦争を知らない子供達に
(生き残った後になんだか惨めな思いだけが)

・驚嘆!!バンドメンバーがみんなネコ!!
(全てフィクションです)

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム