国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

金曜日, 6月 04, 2004

CCCDは一体何を殺したか?

コピーコントロールCDは一体何を抹殺したのか?
CDRドライヴを作ってるハードウェア・ベンダーか? NO!
音質? YES!でも殺したってほどではない。どっちかつと生殺し。

本当の答えは 

MD。


国内盤ではMDへのコピーを禁止するCCCDは今のところほとんど出ていないらしいですが、海外のCCCDは日本のCDMDコンポに入れてダビングしようとしてもウンともスンとも言ってくれません。そういう仕様なんです

つまりMDが普及しているのは日本ぐらいですから、MDは日本のユーザーが国内盤をダビングしたり、会議を録音したりという形でしか使えないということになります。考えるにすっげえニッチだよ。

必見!
~非MD同盟のページ~
このHP見て、まあすげえ!って思うんです。
BGMが付いてるんです。


『肥大化した魔物、Mad Diskに対し、怒りの鉄槌を加えている』そうです(細かいことを言うとこれらは
鉄槌じゃなくて、刃物です)。

なんとなく方向性がうちのサイトと似てると思うので、今度バナーでも貼りたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム