国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

金曜日, 12月 10, 2004

マツケンサンバ、新宿コマ劇場から世界へ

デスチャ絶賛!マツケンサンバ、全米発売へ

今年のFNS歌謡祭に出演した海外のアーティストにマツケンサンバが評価されたという話は聞いていたが、なんとマツケンサンバがそのDestiny's childに同行していたプロデューサーのウィリー・マイルズ氏の目にとまり、なんと全米発売にこぎつけた模様。
>>まずは、来年夏にCDシングルが発売され、
>>米ミュージックビデオ専門チャンネルMTVなどで
>>プロモーションビデオが大量オンエアされる模様だ。

>>「日本のショウビズ界にとっては残念なことかもしれないが、
>>米国で求められるニッポンは未だに
>>サムライ・ニンジャ。マツケンサンバはサムライとサンバという
>>ミスマッチもあり米国人には必ずウケる」

やはりサムライを観たい!という需要はコンスタントにあるということなんでしょうね。松平健はサムライとして演技ができる本物の時代劇俳優だし、「ラスト・サムライ」のような映画への足がかりにもなる可能性もありますね。

Google 検索: マツケンサンバ 全米
あ、これ捏造だ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム