国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

月曜日, 12月 06, 2004

奇妙なヴィジュアル系がまた1つ K-SAMA★ロマンフィルム

ゲイバーで核爆発のような恋をしたい、そういえば今年初めブッシュ大統領を揶揄するFlash作品にそんな歌詞の歌が付いてましたね。

K-SAMA★ロマンフィルム
評価 3/10

皆さんはヴィジュアル系と聞いてどんなものを想像するでしょうか? 女性顔負けの少女趣味、度を越したコスプレ、きつい色でカラーリングの長髪、化粧。

BARKSでプロモーションビデオ「美・ちっくん」(親戚の子供のあだ名みたい)を観た時は、女装した男性、俗にいうドラッグクイーンだと思った。しかしどうも女性らしい。ヴォーカルがどう聞いても女声なので、誰か代役がいるのかと調べてみた。

K-SAMA★ロマンフィルム オフィシャルサイト
BARKS - k-sama★ロマンフィルム

一見したところ、どうもこれは女性がやっているバンドらしい。しかしどうプロモを観ても、オカマに見えるのはなんでだろう。このプロモを観て最近公開されたコニー&カーラという映画を思い出した。売れない女性シンガーが追い詰められて、とうとうゲイバーの歌手として大人気になるという映画です。

このK-SAMAが、人気のなさで追い詰められたことがあるかは知りませんが、HPの愛の保健室というコーナーでは
小陰唇がびらびら
小陰唇がびらびら
小陰唇がびらびら
と小陰唇のびらびらについて迷える14歳に熱く語っていらっしゃいます。男性のヴィジュアル系バンドなら、小陰唇がびらびらなんてとても言えないですよね。男性の恋人がいても、結局女性が頼りたいのは女性なのかもしれません。
★★★これだけじゃなんなので、今日の国内盤レビューはお役立ち情報も付けるよ! ☆☆☆
まぐろ、たこ、いか、あじ、いわしを包丁さばきで 3枚おろし、タタキ、花びら、お刺身切りする
年末はこれを読んでLET'S 舟盛!!

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム