国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

火曜日, 3月 29, 2005

謎のポーランドアイドル Tomek Makowiecki

先月大盛況のヨーロッパツアーを終えた宮沢和史。4年前、アルゼンチンで彼の代表曲である島唄が大ヒットしなんと前回のワールドカップのアルゼンチン・チーム公式応援歌にまでなりましたが、現在そんな島唄が中東欧でもカバーされヒットの兆しだそうです。さらに新曲情報として、チェコやロシアやポーランドといった国の人気アーティスト達と現地でレコーディングしたコシカ/ひとつしかない地球 を4月20日にリリースする予定だそうです。

【楽天チケット】コスモ アースコンシャス アクト アースデー・コンサート ~ひとつだけしかない地球~
上のイヴェントで"Tomek Makowiecki(トメック・マコヴィエツキ)"というポーランドの人気アイドルと共演するそうなんですが、この宮沢和史と共演するTomekどんな人かしらと思って調べてみました。
:.:.: makowieckiband :: strona oficjalna :.:.:
Googleで調べると、この上の彼のバンドのオフィシャルページがまず最初に来ます。2つ目のページはIDOLという文字だけがかろうじてわかる、ポーランド語のサイトのようです。とりあえず彼のビデオは観てみたんですが、これがまた随分な代物でした。

まあまあ美形の20前後の青年のTomekが朝日の中で目覚め、裸のまま布団の中でもぞもぞするシーンから始まります。時々カメラ目線で、起きていきなりトイレのドアを開け放しで放尿するんです。さらに起きてやっぱりもぞもぞ朝食のパスタを作り出すと、友人が訪ねてきて彼にパスタを食べられてしまいます
ポーランドのアイドルの売り出し方ってこんな?
って感じです。 まあかなり下世話を通り越してぶっ飛んでる演出に、僕にはマイヤヒーを超えるほどおもしろかったですが、みなさんはいかがでしょうか。アルゼンチンでヒットしたトランス・テクノ版島唄のミュージックビデオも腹を抱えるほど笑いましたが、国境を超えた音楽が変質しながらその国の文化に定着するケースとして、島唄の今後の展開を楽しみにしたいです。

参考ページ:
宮沢和史氏、2005年2月ポーランド再訪!
ポーランド情報館

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム