国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

日曜日, 4月 24, 2005

流山判決 ~有償ボランティアに課税

かつてロッキード事件の検事を担当し、現在「さわやか福祉財団」理事長を務める堀田力氏は今も法廷で闘っていました。
流山判決にどう対応するか
(NPO事業サポートセンター)
1時間800円の有償ボランティア活動を行うNPOを請負業として課税することを認めたこの「流山判決」は福祉・介護の世界では大分物議をかもしているようです。有償であれば、家事援助のボランティアの名目でも業務という形になり、課税の対象とされるというわけです。

上の判決は音楽とは直接関係がありませんが、著作権管理団体として福祉の喫茶店からも著作権料を取ったJASRACを彷彿させます。

参考リンク:
  • コラム・堀田力のふれあい談義・流山判決に対する当面の対応
  • KOKO: NPOへの課税に関する検討開始

  • 0 件のコメント:

    コメントを投稿

    登録 コメントの投稿 [Atom]

    この投稿へのリンク:

    リンクを作成

    << ホーム