国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

火曜日, 4月 12, 2005

エイベックス 高音質プロジェクト「High Definition Sound with TK」を始動

  • エイベックス、音楽配信の高音質化を図る研究機関を設立
    (BARKS)
    記事からは機関が具体的にどういった研究を行うのか詳細がわかりませんが、高音質音楽配信のあるべき姿を模索する、とのことです。
    24(32)bit/192khzでのマスター音源を標準仕様とし、早期にフル・デジタル・プロセシングを行うことを目標としている
    「音源のデジタル・データの標準を作ること」と「ユーザーの音質への不満に応えること」と「音楽配信のあるべき姿を追求すること」がごちゃまぜですね。現場の声はどうだか知りませんが、理屈としてはそれぞれ違うことなので、研究機関としてはこういう風にただ理念をいっぱい抱え込んだだけではだめですね。しかもエグゼクティブ・アドバイザーに小室哲哉。こういう方法ではっきり採算が取れることがわかったとか、お金儲けの研究で終わりそうです。

  • 0 件のコメント:

    コメントを投稿

    登録 コメントの投稿 [Atom]

    この投稿へのリンク:

    リンクを作成

    << ホーム