国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

月曜日, 11月 01, 2004

クイック・ジャパン はじめての

日本の(いわゆる)サブカルを広く扱うクイック・ジャパンなるよくわかんないちょっとはずした雑誌が一応あります(編集者が日記を書いたりしている上記リンク先HPが、Infoseekの無料サーバーに上げられている、という点はまあよいとして)。

実は、Dokakaインタビューをやったとき、唯一我々より早く6月にDokakaをインタビューしてたのはこのクイック・ジャパンだったりします(でも実際に掲載したのはうちの方が早かった)。
Dokakaの写真を裏焼きしていたのは、まだ記憶に新しい感じです。

ところで、そんなクイック・ジャパンが今月27日(土)に初めてイヴェントを行うそうです。そんなに売れてる雑誌ではないと思うのですが(ちなみに広告営業用の公称部数は15万部)、創刊から10年ぐらいたって、魔が差したんでしょう。すごい面子です。

<出演>
ハルカリ
スチャダラパー
ナタリーワイズ
AFRA
Dokaka
FIFANA
SHIRO THE GOODMAN
イルリメ
オールタイチ
「スキージャンプ・ペア2」プレミア上映・生実況中継劇団ひとりカンニング
ダンディ坂野他、出演予定(一部、出演者に変更の可能性があります。御了承ください)
<総合司会>
茂木淳一(「スキージャンプ・ペア」専属アナウンサ)
<DJ>
川辺ヒロシ
DEV LARGE
SHIRO THE GOODMAN

以上、無料サーバーにあるサイト上の告知の抜粋ですが、HALCALIから始まって、スチャダラパー・・・あと、総合司会の「スキージャンプ・ペア」ってなんのことだか知ってる人どのくらいいるでしょうか?

デジスタという、NHKのデジタルアート番組で物議をかもしたスキージャンプのパロディー作品のことで、最近はDVD化までしているんだそうです。2002年のCGアニメーション部門の大賞をあげるかどうかで、明和電気の土佐社長に猛反対されていました。

そしてなんと言っても、AFRAとDokaka、この2人のヒューマンビートボクサーを並べたのはやはりやばいです。何か対決を煽りたいと言わんばかり。そして人力サンプラー打ちのHIFANA、K-Dub shineをディスったDev Large。今年物議をかもしたもんばっかり。

追記:よくよく見たら、HIFANAFIFANAになってますね。 ファイファナ、もしかしたらそっちの方がカッコイイかもね。
なんでも並べればいいってもんじゃないぞ!

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム