国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

金曜日, 4月 29, 2005

4月29日 小ネタ

  • コーラス オフィシャルサイト

  • (HERALD ONLINE)
    jm's myTasteさん(そろそろうちも音楽blogリンクに入れてください)で知ったフランス映画。落ちぶれた中年男が音楽教師として孤児院に合唱を教えに行くという、まるで「天使にラブソングを!」の合唱ヴァージョンのような映画。フランスでは870万人の観客動員を記録し、そしてまたサントラが180万枚も売れたそうです。

    日本では「音楽と言えば合唱」という感じの頭の固い学校関係者がいますが、そんなこともあってかこれ文部科学省特別選定映画になってました。キラリって感じで音楽で人間が成長するという感じの単純に良い映画なら、別にいいですが。フランス映画界の顔とも言える名優ジャック・ペランがプロデューサーですね。

  • ザ・音職人

    ザ・音職人という元NHKの音響効果マンが作ったというこのCD。本人による「音の作り方の解説書」も付いているそうです。TOKIOのメンバーが時代劇に効果音を付けるというTV番組がちょっと前ありましたが、なんかTVっぽい音ってありますよね。

    ソース:
    アナログ効果音「音職人」の技を盗め!
    (Excite エキサイト : ニュース)

  • 0 件のコメント:

    コメントを投稿

    登録 コメントの投稿 [Atom]

    この投稿へのリンク:

    リンクを作成

    << ホーム