国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

水曜日, 4月 27, 2005

Voice Drummer - 口ドラムでMIDI入力&ドラム譜作成

Voice Drummer: 口ドラムでドラムを叩く楽譜入力インタフェース

口ずさんだドラム音で、ドラムパターンを入力できるVoice Drummerというものが筑波大学の大学院生中野倫靖さんと産業技術総合研究所によって作られているそうです。ソフトウェア自体はダウンロードできませんが、チュートリアルのムービーが3つあります。

森山和道の「ヒトと機械の境界面」
(pc watch)
今年の2月~3月にあったインタラクション2005というイヴェントでデモンストレートが行われていたようです。インターフェースがどうなっているのか、何か特別なものを使っているのか、そこら辺この記事ではよくわからないですね。

こーひーをぶんなぐれ! - にららら
上のイヴェントに行った方のblogにあった感想。

一番上のリンク先で「口ドラムによる入力が有用と考えられる作曲,編曲の場面における有効性を確認した」とあって、実際こういったデモンストレーションなどを通じてきっと好感触を得たんだろうけど、情報処理系の研究者が関わっている企画だからか、デモのムービーを見た限りでは何となく理に落ちているような気がします。まだ研究の途上にあるものなのだと思いますが、口で表したリズムを機械に読み込ませるというアイデアは単純にいいけれど、だからって「ドン!タン!」で自動的にバスドラとスネアのドラム譜ができあがるということが、どれだけ意味のあることなのかは音楽的に見て疑問です。むしろ譜面入力の自動化にこだわるよりも、そこを何かもっとクリエイティブな方面に使えるツールとして使えるように変えた方が、研究としてもよいものが生まれそうな気がするんですが。ただ簡単にリズムパターンを入力できるソフトウェアなら、いっぱいあるんですよね。

そもそもうちのサイトを「口ドラム」で検索して来る人がいたので、ちょっと調べてみたらこの研究が出てきたんですが、こういうものを作った人達もうちのインタビューとか見たのかな、とちょっと気になりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム