国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

土曜日, 4月 02, 2005

 愛知万博 SMAPの歌うテーマソングがこける

愛・地球博こと愛知万博が始まりましたね。実はこの愛知万博のテーマソングは、SMAPの「友だちへ~Say What You Will~」だったのですが、1月にシングルとしてリリースされて、今週のオリコン・チャートでは30位以内から既に外れています。前の、ラリッた槇原敬之が幻覚で見た花をモチーフに自分の世界に引き篭もって書いた"世界で一つだけの花"が大売れしたのは周知の事実ですが、

対照的に今回のSMAPと作曲Eric Crapton、日本語詞:竹内まりや、編曲:小林武史によるこの夢のコラボレーションは、商業的には既に儚く散ったようです。まさに世界で一つだけの花、でしたね。

【小林武史コメント】
クラプトンと竹内まりやさんの詩曲、環境コンシャスな愛知万博のテーマ性、なによりそれをSMAPが歌うというポピュラリティを、編曲という形でつなぐ機会を与えていただいたことに感謝しています。

大丈夫でしょうか、愛知万博。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム