国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

日曜日, 6月 19, 2005

クラムチャウダー・シベリア・アタック

お笑いサイトのデイリーポータルZのこんな企画が巷を賑わせています。
@nifty:デイリーポータルZ:クラムチャウダー・シベリア・アタック、音源デビュー!
いやあ現実にこんなことってあるんですね。音楽好きのライターがバンドを組み、読者に楽曲提供を呼びかけたところ、インディーズでバンド持っている人たちが連絡してきたとのこと。

元々はよくある感じのアーティスト写真を撮ってみようという企画から始まり、仮想のバンドを組んだことがきっかけで本当に音源を作ってしまった。リミックス・コンテストも行われています。

それでできた楽曲ですが、ロック・ギターのサウンドはどっかで聞いたことのあるニュアンスで少し古臭く感じるがまあ良いとして、しかし声でとても損をしているという印象です。ガールズ・バンドを標榜するぐらいなら、色気があってもよいのでは。かわいさもかっこよさも何もありません。何を彼女たちは歌っているのかわからないからか、ミックスもぼやけた感じです。ギターが力強い分、ヴォーカルパートが口をあけて"ぽかーん"とそこで佇んでいるだけ、みたいな弱い存在になっています。
世界の終わりを 待ち草臥れた僕らは
オンラインの闇でそっと手を繋ぐ
(恋するオンラインより)
行き詰まったような閉塞感、というか突飛ぴな心霊体験談みたいな楽曲だと思いました。オンラインの闇、って。

とにかく、オンラインで一度ネタを出してしまったら、次々やらないとアクセスが伸びないでしょうから、デイリーポータルZはどんどん作り続けないといけませんね。Niftyの社内にスタジオでも構えて、徹夜するぐらいの勢いでやるなら本格的にやってほしいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム