国内盤レビュー

経済の空洞化が進んで、これからの日本は超ヤバイ!!依然とした音楽界の慣習的な横並び意識、そして均質化に叛旗を揚げろ!

金曜日, 2月 18, 2005

侍 DJ

世界的にも有名なUKのレーベルNinja tune。そこからほぼ毎週リリースされているミックステープ「Solid steel」というものがあり、最近そのシリーズに日本のDJでDMC世界チャンプのDJ KENTAROが参加しました。そのミックスはここのページから1週間ぐらいストリーミングで試聴できます(1週間経つと別な人のものになるのでお早めに)。

ところでそのNinja tuneの日本で行われた先月のイヴェントにDJ KENTAROが参加した、という記事が掲載されていました。
1/28 SOLID STEEL/NIPPON
この記事の見出しをご覧下さい。
NINJA 襲来 !!  むかえ撃つのは日本の DJ 侍 KENTARO !!

まただ。まただよ。だよ。なんでもかんでも侍、士農工商で言えば一番上さ。そんなに侍はエライのか。鍬でも振り上げながら一揆でも起こしときたい。

とはいえ、最近DJ KENTAROは三味線奏者とコラボレートしたり(参考記事:ひろぶろ:三味線とDJサウンドの融合)和楽の方にも興味があるようなので、まんざら外れた表現でもないかもしれないけれど、
ギター侍みたいな扱いはやめてくれ
侍って言えば、かっこいいのか?おもしろいのか?

しかしライヴ・レポートってこの世に出回ってる音楽関連の記事で最も読み応えがないものですよね。行ってない人にはどんなライヴだったか文章でざっと読んでも大したことはわからないし、適当なレポート書かれてもわかんないし、そのライヴに行ってた人にはレポートの嘘とかアラばっかり見えるし。よっぽど変わったことでも書かれていないと読む気がしない、捏造も多い、それがライヴレポート。

0 件のコメント:

コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム